FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Troquet ル・トロケ

バスク出身のシェフが構えているLe Troquetというレストランに先日行ってきました。
ここのシェフ、クリスチャン・エシュベスト氏はパリ市内で3軒のレストランを構えているとか。
一軒目がバスク料理を楽しめるLe Troquet、
二軒目が豚肉料理メインの Le Grand Pan(ル・グラン パン)、
三軒目が食堂のようなわいわいした雰囲気で美味しい料理を楽しもうのLa Cantine du Troquet(ラ・キャンティンヌ ドゥ トロケ)

どれも気になるメンツばかりだけど、まずはここのシェフの成功の第一歩となったお店に行こう~。

土曜のランチに行ってきましたが、コースは
28ユーロのコース
40ユーロのデギュスタシオンのコース

がありました。
どうせなら色々な料理をちょこちょこ食べたいよね、ということで私たちはデギュスタシオンのコースをチョイス。

ちなみにこれは黒板のメニューの料理が少しずつ食べれるという食いしん坊にはたまらないメニューでした。
選んで大正解。


前菜のきのこのスープ。
le truquet
超クリーミーで美味しい!
きっと煮込んだきのこをすりつぶして、最後はミルクでのばしているのかな~。中にアーモンドが入っていて案外それがアクセントになっていました。

前菜その二のサーモンのマリネのサラダ。
le truquet1
肉厚たっぷりなのが美味しい。

お魚料理はタラ。
le truquet2
味付けはバターソースで至ってシンプルですが、とても美味しかったです。

お肉料理は牛肉の赤ワインソース、ジャガイモのピューレ添えでした。
お肉の焼き加減最高の絶品だったのですが、あれ?写真がまたないぞ?
どうやらいつものうっかりで取り忘れてしまったようです。

がーん。

デザートその一。確かコンテチーズだったかな?
le truquet5
個人的にはジャムつけて食べるのがとっても美味しかったです。
やっぱりサラダ添えられてますね。
チーズにはサラダ添えるものなのかな、もしかしたら?
だから前のレストランで出たチーズケーキにもサラダ添えられてたのかも。
でもチーズはいってるけど、ケーキなんだけどね。
まぁいっか。

デザートその二はチョコのアイスのようなものに、キャラメルでコーティングされたさくさくのクッキーのようなものが添えられたデザートでした、って表現が曖昧すぎてすいません~。美味しかったですよ、もちろん。
le truquet4

パリのビストロはなんでこんなに狭い間取りにしてんの~ってとこが多いんですが、ここのお店は広々と空間が取られていて居心地もよかったです。予約の電話したときに「今忙しいので1時間後にかけて」というすごいこといわれましたが、実際に行ってみるととっても感じの良いお店でした。

Le Troquet
Adress : 21 rue Francois Bonvin 75015
Tel : 01 45 66 89 00
Open : Tue.-Sat.
Metro : Sevres Lecourbes(la ligne6)

Le Troquetに続き、わいわい食堂の雰囲気が味わえると言うLa Cantine du Troquetに行ってきました。
ここは予約なしでOkのありがたいお店です。待っている間はバーカウンターで飲めるみたいで、それなら席待ちの間も飽きないですみますよね。
こちらのレストランは前職で同じ部門だった通称“ナイスガイ”がパリ出張に来ていた際、「カジュアルな雰囲気のお店を」とのリクエストをもらったので、それではと思ってチョイスしてみました。
食堂の雰囲気を持ちながらレベルの高い料理を食べれるということだったので、ナイスガイも喜んでくれるかな?

赤い可愛いレストランです。
la cantine du Troquet2

ちなみにこのお店は黒板メニューのみです。黒板メニューの前に行き「うーん、何を食べようかなぁ」と悩むスタイルです。ワインも同じくワインの黒板メニューの前でうーん、と悩むか、「このワインのみたいんですけど、あります?」と聞くスタイルです。

固定メニューではなく、毎日メニューを変えてお客さんを楽しませてくれるんですね。なかなか粋なシェフです。


「バスクらしいものを食べるなら!」
と一押しされたので、ミミガーフランス版をチョイス。
la cantine du Troquet
カリカリして美味しかったです~。ボリュームいっぱい~。

卵のサラダに自家製マヨネーズたっぷりかけていただきました。
la cantine du Troquet3
写真ではマヨネーズついてませんが、マヨ好きのナイスガイが私用にも沢山マヨをつけてくれてサーブしてくれました。
流石レディーファースト。

メインはブッフブルギニヨン La cantineスタイル
la cantine du Troquet4

あ、これです。私がクリスマスに作ったの。
私はトマト入れたりしたので、もっとビーフシチューに近い感じですけど。

カモ肉のグリル
la cantine du Troquet5
ナイスガイ、かもの美味しさに感動してくれました。よかったー。

ここでは肉料理に必ずこの巨大ポテトがついてきます。
la cantine du Troquet6
こういうポテト、どうやらポンヌフと呼ぶようです。(Kよさん談)

とっても美味しかったのですがボリューム満天でデザートに行き着けず。超無念。。。
ナイスガイも満足して日本に帰ってくれたかしら?また来てね~。

ちなみにナイスガイ、なんとムッシュパーチェにも遭遇しておりました。
すごいです、ラッキーガイでもあるようです。

La cantine du Troquet
adress : 101 rue de l'Ouest
tel :なし
Metro : Pernety(la ligne13)
Open : Monday-Sat(つい最近日曜もランチとモーニングをはじめたようです)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。