FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Venise de nos reves#3 憧れのヴェネツィア その3

ヴェネツィア旅行二日目。

ヴェネツィアといえば外せないのがやっぱり


ゴンドラ


ですよね。


ゴンドラに乗るのはタイミングが重要でうまくゴンドラが戻ってくるタイミングを見計らってぱぱっと取らないと、一旦ゴンドラが出て行ってしまうと40分くらい戻ってこなくてその間ボーっとそこで待ち続けなければいけないんです

どうやらこのメンバーにはラッキーの神様がついているらしく、朝ふらっとゴンドラ乗り場に行くと、数分も立たないうちにゴンドラがパーっとやって来たんです。
なんてラッキー、ラッキーの神様ありがとう。

ちなみにゴンドラは40分で1船80ユーロなり。
6人まで乗船可能です。

ゴンドラからのヴェネツィアの景色は一味違います。
venise40.jpg


ゆらゆらと揺れるゴンドラに乗って細い運河の間を通っていく情景は日常とかけ離れていてとても幻想的でした。
venise42.jpg

venise44.jpg




ゴンドラーなんちゃら(ゴンドラをこぐ人に名称があるのですが、すっかり忘れちゃいました)のお兄さん、ありがとう。そんなサングラスが似合うなんて本当に羨ましいです。
venise41.jpg



ゴンドラに乗った後向かったのがヴェネツィアングラスで有名なムラーノ島へ。

サンタルチア駅の近くの船乗り場から直通ヴァポレットに乗って20分ほどで着きました。
ムラーノ島はとってものどかな島で散歩日和の天気も手伝ってまったり島内散歩を楽しみました。

ムラーノ島もヴェネツィアの島と同じように、運河が張り巡らされています。
venise43.jpg


ヴェネツィアングラスで作られたステンドグラス。豪華です。
venise46.jpg


ヴェネツィアングラスで作られたムンクの叫び。完全にネタです。
venise47.jpg


この風景、なんだかバルセロナを思い出しちゃいます。
venise50.jpg


ヴェネツィアングラス工房でマエストロの作業を見学。
venise48.jpg
長崎のビードロのことを思い出したのは私だけ?

カーニバルの喧騒とはうってかわって静かでのんびりとしたムラーノ島の散歩で本当に心癒されました。
venise49.jpg


超余談ですが、ムラーノ島でまさに私たちが求めていたティラミスーを食べることができ、大満足。運河通りからちょっと外れたホテル直営のレストランがとっても美味しかったです。
venise51.jpg
名前は忘れましたが、小さい島なのできっとすぐわかるはず、って相変わらず適当ですいません~。食いしん坊の鼻をしっかり利かせて歩くと、きっとめぐり合えるはず。

ムラーノ島を離れて再びヴェネツィアの島へ。ただいまです。
venise52.jpg


欲張り旅行の締めくくりはは空港でテイクアウェイしたピザとベリーニで乾杯。
venise53.jpg


また訪れたい街、ヴェネツィア旅行記でした














スポンサーサイト

コメント

いいなぁ!!
Yuこりんと一緒だったのかなぁ??
うらやましいぞぉぉぉぉ。

懐かしいなぁ。
Josepとヴェネチアに行った思い出が
よみがえってきました・・・。

Re: タイトルなし

うん、Yuこりんといったよ~^^
二人でまりんちゃんの来仏を首を長くして待ってるので早くきてね~^^

Josephとベネツィアにも行ってたんだね~。クロアチアはむちゃくちゃよく覚えているけど・・・Rio Marinって川があったので、思わず写真撮っちゃいました 笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。