スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Voyage en Belgique(diner a Brussels) ベルギーの旅(ブリュッセルでの夕食編)

ベルギー旅行その2

ブリュージュからブリュッセルまでは車で1時間半ほどの道中絵文字名を入力してください

まずは荷物置いて一休みしたいよね、ということで泊まるホテルにチェックイン。

私がブリュッセルでのホテル探しむちゃくちゃ苦労したの以前記事で書いたと思うのですが、散々調べた結果、奇跡的にマイナスポイントがないホテルが見つかり、そこを予約しました。
4つ星のホテルで1泊一部屋99ユーロ、駐車場代、朝食代込み。
あまりにも破格過ぎてちょっと大丈夫かな~なんて思ってホテルにたどり着くと、なかなか立派なホテルではないですか!
しかもどうやらマリオット系列のホテルみたいです。
ラッキー
超当たりのホテルでした。

お部屋も綺麗。
renaissance brussels hotel

ちなみに朝食バイキングも超豪華でした。
ベルギーには欠かせないワッフルもあったし♪
petit dejeuner
・・・・写真見る限り、あんま豪華ではなさそう・・・・
でも豪華でした。

興味がある方は下記サイトから予約してみてください↓
Renaissance Brussels Hotel


どうやらこのホテルのすぐ近くにEU議事堂があるらしく、その関係で平日は宿泊者が多いのだけれど、その代わり祝日に宿泊者が少ないらしく、そのため祝日は値段がさがるそうです。
ホテルの人も海外からのお客さんに慣れているらしく、皆さん英語ができる方ばかりでした絵文字名を入力してください
逆に以外だったのが、Brusselsってフランス語圏なんですけどね、「フランス語しゃべれません」という人が割といたんです。
多分ベルギーのオランダ語圏出身の人で仕事でブリュッセルに出てきてるからなんだろうなぁって後から気づいたんですけど、同じ国なのに言語が地域によって分かれている国ってほんと不思議ですねぇ。スイスは公用語が英語だって言ってたけど、ベルギーもやっぱり英語なのかしら?

という訳でブリュッセル、意外にフランス語が通じませんでした


晩御飯はブリュッセルのレストラン街に行けば名物料理が食べれるわよ、というアドバイスをもらっていたので、レストラン街へ。名前はすっかり忘れちゃったんですけど(ほんと役立たずで失礼!)、多分ガイドブックに「ここで食べるとよい」ってな感じで通りの名前がのっているので、そちらをご参照していただければ。。

車で行くと土曜の夜だしむっちゃ込むよ!とレストランの人に言われたので、地下鉄で行くことに。
10ユーロで最大5名まで使用可能、1日有効券というびっくりするぐらいお得な券があるので、是非そちらをご購入ください。
ちなみにブリュッセルの券売機小銭でしか購入できません。ブリュッセルに行かれる際は是非小銭をじゃらじゃら持っていってください。
ちなみにちなみに、全く道込んでませんでした。
がせねた~

レストラン街につくとびっくりするほどのキャッチの嵐が
だんだんどこのレストランも同じに見えてきたので(メニューはほんとにほぼいっしょ)、適当にその中の店の1つに入ったんですけど、店に入るとぼったくりのような値段のメニューを渡され、あ~こりゃぼったくられるなぁと思い、「高すぎるんで辞めときます」と出ようとしたらキャッチしてきた怪しい店員が「すいません、貴方達に特別料金で料理お出しするの忘れていました」って言ってメニューを新たにだしてきたんですね。
なんだ、やっぱりぼったくりかよ~と思って「いえ結構です、他のお店いくんで」と言って出て行ったら、後ろからなんかどこの国の言葉かわからない言葉で多分ののしられてました。
ほんとうっかりこういうところで食べちゃうとせっかくの旅行が最悪の思い出になっちゃうので、気をつけなければキティー

その後に入ったお店は美味しくて値段もリーズナブルで、楽しくお食事ができましたよスマイルハート3

名物バケツ入りムール貝
mules.jpg

ブリュッセル風ブイヤベース
poisson.jpg

日本のブイヤベースに近い感じ四葉&てんとう虫

ブリュッセルでは魚介料理が沢山食べれるようです。パエージャとかもありました。

なんだか長くなりましたがブリュッセルの旅、次はブリュッセルのぶらり街歩きへと続きます。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。