スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reveillon en Bourgogne ブルゴーニュでの年越し

前回に引き続き、ブルゴーニュ話第2弾。

フランスでは31日は夜通しのパーティーをする習慣があるのです。
除夜の鐘を聞きながらおそばすすって、、、という日本の風習とうってかわり、20-21h位にどっかの家に招待されてみんなで飲んで食べて踊って飲んで食べて踊って。。。というのをひたすら繰り替えすのです。

ド・日本人の私は日本人らしくおそばをすすりたいとこだったのですが、郷に入れば郷に従え、ということでブルゴーニュの家族に連れられ、彼らの友達のお家で開かれた年末のパーティーに行って参りました絵文字名を入力してください

今回御呼ばれしたお家の人は彼らのおニューのお友達らしく、私もその方にお会いするのは初めて。
どうも偉い料理上手とのことで、「すんごい料理のうまい友達のお家で年越しパーティーするから是非おいで!」と話を聞かされていた私は期待に胸を膨らせていたわけです。

31日はパーティーの準備もかねてパーティー会場のお宅でランチをご馳走になりました。
牛肉のカルパッチョ
carpaccio.jpg

名前不明(スペインのトルティージャ(オムレツ)のようなもの)
omlette.jpg


噂には聞いていたけれども、本当に料理の上手な方です。
しかも素材にむちゃくちゃこだわってるので、余計美味しいんだと思います。
普通お店で食べるカルパッチョは薄切り牛なんですけど、とっても分厚かったです。でもやわらかいしとっても美味しい。
びっくりしたのが、家に真空パックを作る器械みたいなのを置いていて、残ったお肉を真空パックにして、冷凍保存していました。


すごーい。
勉強になります、師匠。

お家の飾りもまだクリスマスモード一色。

maison.jpg

クリスマスツリーって一体いつしまうものなんだろう??
(ちなみにまだうちも飾ってます)

sapin de noel

大きな暖炉のお陰でお家がとっても温かいです。
cheminee.jpg


途中で写真撮るのやめちゃうぐらい(めんどくさがりで、すいません)、料理が沢山あってびっくり!

生牡蠣
huitres.jpg

カニサラダ コリアンダー和え
plat 2

ホタテのカルパッチョ
plat 3

豚肉のきのこソース トリュフ添え
plat4.jpg

ティラミスとフランボワーズケーキ
dessert 1

フルーツサラダ
dessert 3

美味しかったシャンパンGosset grande reserve
(年末用になんと6ケースも買いこんだらしいです!)
champagne.jpg

こんな感じで夜は更け、2010年を向かえ、そして4時まで皆様騒ぎ続けたのでした・・・


ほんとタフです!フランス人!!
飲んで踊ってしゃべって、食べて。12時超えてもそれができてしまうところがすごい!
しかも平均年齢40歳くらいだったんじゃないかなぁ?

何より面白かったのが中学生と高校生くらいの娘と息子を連れてきた家族がいて、親子で一緒に踊ってたんです。
日本だとなかなか見れない光景です。
しかも家族そろってむっちゃダンスうま!って思ってたら、どうもお母さんがダンスの先生だとか。
なるほど~、だからあんなにダンスがうまいのね。
でもみんな子供の頃からダンスパーティーとかがあるからか、本当にクルクル上手に踊るんですよね。
パーティーに来ていたメンバーにセネガル人がいたんですけど、彼らが歌って踊っている姿はアフリカの広大な自然を髣髴させるような、なんていえばいいのかな、うまく説明できないんですけど、アフリカ大陸の情熱とか喜びとかを感じさせるものでとっても印象的でした。
きっと喜びや悲しみを歌や踊りであらわす文化を持っている人たちなんだろうな、って感じました。


美味しい料理を振舞ってくれてもてなしてくれた家主様には本当に感謝感謝です。
次回行ったときに何かお礼をしないとなぁ。
すしパーティー?

















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。