スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canicule again   猛暑再来

パリって夏そこまで暑くないイメージだったのですが、今日はなんと35度。
今日は仕事で半日外出していたので、体中の体力を奪われて、すっかり抜け殻状態になってしまいました。

今週はこちらパリでも30度を越す夏日が続いています。

この暑さを2003年の再来だとフランス人がわいわい騒ぎ出しております。

ちょっと昔に猛暑のせいでフランスで3日間で1500人なくなった、っていう話ありましたよね?そういえば。
どうもそれに近いくらい猛暑になりそうだとか。

パリのお家にクーラーがついているところって珍しいのですが、理由は何と、フランス過ぎてたまげてしまう、「室外機は景観を損なうし音がうるさいので設置禁止」だからだそうです。

中にはクーラーついているお家とかもあるんだと思いますけど、室外機を設置する場所が道に面してないとか、オフィスみたいなクーラーになっているとか、この通りならOK、みたいな理由でパスしてるっぽいです。
ちなみにうちの会社、クーラーがついていますが、パティオに事務所が面してるから多分OKだったんだろうなぁと思います。
うちの殿は事務所探しをするときに、クーラー設置OKなところを探したみたいです。
なんて苦労が多いんでしょう。
クーラーさえ設置OKかどうかまで確認しなきゃいけない不動産探しって。
ほんと泣けちゃいます。

まぁ元々クーラーなくても夜は寝れるわよ、みたいな気温だったからこんなルールが成り立ってるのかなぁって気がしなくもないですけど、温暖化が進んでいる中、クーラーなしだとちょっときついのでは?なんて思っちゃいますね。


ちなみにその他パリで禁止されているのが


「パラボナアンテナの設置」と「洗濯物」だそう。


理由はすべて


「景観を損なうから」


すごい。


唖然とするほどの徹底振りです。

言われてみると、この街には生活観が漂ってないかも。

写真集のような町並みは、こんな徹底としたルールがあるからなんですね~。


その割には道路が結構汚いけど、それはきっと「足元はみなくてよし」、みたいな臨機応変さが働いているのかも。


でもそれで沢山の人の命が失われていまうのはあまりに切ないので、今年も同じことが起こりませんように、なんて祈らずにはいられません。

温暖化はパリの町並みを変えてしまうのかしら?




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。