スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coupe du monde de la FIFA 2010 ワールドカップ

素晴らしい!

の一言でした。

日本 vs. デンマーク戦


誰にも言ってないので誰も知らないと思いますが、実はほのかにアルゼンチン代表のメッシが好きなのでワールドカップの話題は結構チェックしてたのです。

これいつも自慢してるんですけど(しつこい?)、メッシが5人抜きをしてゴールを決めた試合を実は観戦しに行ってたので、それ以来メッシをひそかに応援してるのです。
あまりにもひそかすぎて、「え?そうだったの?」ってこのブログ読んだ人全員が思ったと思いますが、メッシ好きなんです。

話し戻って、今日の試合ですが、どうも日本は引き分けでも決勝リーグに進めたらしいのですが、決して守りに入らず、攻めに攻めに攻め続けた試合で、その前のめりさに感動しちゃいました。

2-0で試合をリードしていても、攻め続ける姿勢は変えず、ペナルティキックでデンマークに1点返されたものの、その後もさらに攻め続け、追加点を入れ、最終的に3-1というフランス人もびっくりの勝利を勝ち取っていた日本代表。

最後には「enormes joueurs! 素晴らしい選手たちです!」なんて絶賛されておりました。

後半戦の最後の方は、やっぱりフラフラになっている選手とかいて、この試合に本当に200%の力で立ち向かっているんだろうなということがスクリーン越しに見ててもわかるほどでした。
スポーツってこんなにも人に感動を与えて、本当に素晴らしいなぁとしみじみ感じた瞬間でした。

あんなに大きなプレッシャーの中で試合するなんて、気の弱い私には絶対無理。
そう思うと、アスリートの人たちの精神力の強さってすごいです。

今年はなんだか波乱のワールドカップらしく、前回優勝、準優勝国のフランスとイタリアが決勝リーグに進めないとか。
強豪スペインも後がない状態で、フランス人レポーターたちは「ヨーロッパ人として、明日スペインには勝ってもらいたいです~」なんていってました。
面白いですね、そういう仲間意識があるんですね。全く知りませんでした。

ちなみにフランスは選手と監督が全く上手くいっておらず、選手が練習ボイコットするという騒動があり、ジダンが一言物申す、みたいな記事が新聞に載っていて、これまた流石と思っちゃいました。

ちなみにフランスのチームは「les bleus レ・ブルー」と呼ばれています。
きっとユニホームが青だからに違いないですね。

そしてスペイン代表は「la Roja ラ・ロハ」と呼ばれています。
これもきっとユニホームが赤だからに違いないですね。

オランダ代表はオレンジみたいなオランダ語の名前がついてるかどうかは不明ですが、さっき試合で白色のユニホームを着ていて解説者が「今日はユニホームが白でなんだか変な感じですね~」なんていっているので、この人たちはオレンジ、ってイメージがついているようです。

ちなみに日本代表がいいプレーをしてたら想像通り、

「サムライ!!!」

って言われてました。

やっぱり日本のイメージはお侍さんなんですね。

以上、ワールドカップリポートでした~。


















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。