スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visite en Bourgogne (No.2) ブルゴーニュ来訪 No.2

ここのお家に行く度に、ずっとここにいたいと思ってしまいます。

そんな気持ちにいつもさせてくれて私を温かく迎えてくれる、ブルゴーニュのお家に5月の週末を利用して遊びに行ってきました

この家族がブルゴーニュに移り住んだのが2004年くらいだった気がするので、今から6年前?
実はこの6年間、冬にしか行ったことなかったことに今回遊びに行って気がつきました。

ちなみにブルゴーニュと言う地方、パリから南東に1時間ほど下ったところで、冬はむ~っちゃ寒いところです。
なのでいつもここのお家に遊びに行くときは、寒いし暖炉の前に陣取ってごろごろしよ~みたいな気持ちでいつも行ってたくらい寒いイメージしかありません。そりゃ冬にしか行かないから当たり前ですよね。

その日の気温は25度。
青々とした緑が一面に広がり、なんとも素敵なところではないですか
知りませんでした、こんなにいいところだったとは。

町に行くまでの道もこんなにステキです。
bourgogne 2010 printemps7
いままで空が灰色で、こんなに綺麗な道だとは気付いてませんでした。

これが街の外観。
中世の街並みがそのまま残っています。
bourgogne 2010 printemps6
旗が立っているのは、どうも「中世祭り」というお祭りがあるからだそうです。
超余談ですが、全く盛り上がってませんでした。


今日は天気がいいし、ということでお家の庭でバーベキューをしてくれました

素晴らしい天気の下、長男と末っ子ちゃんと一緒に写真をパチリ。
bourgogne 2010 printemps3
パリが結構寒い日続きだったので、うっかりサングラスを忘れてきた私に、「僕達が貸してあげるのに!」なんて言ってお母さんのサングラスを(笑)持ってきてくれた長男くんにつくづく大人になったなぁと感心。
それくらいやんちゃだったんです。
よくお父さんに怒られて「Au coin!」「角に行きなさい!」なんて言われて、部屋の角っこに行かされ、壁に向いて立たされてました。

うけますよね、この叱り方。
この叱られ方によって、どういう精神的苦痛が伴って二度と悪いことはしないぞ!って思うようになるのか若干謎なんですけど、でもいつもいやいや立っているので、フランス人の子供的にはかなりの精神的苦痛が伴うのかもしれないですね。

なんで小学校でもAu coin!なんていわれちゃうのかなぁと思って殿に尋ねてみると、フランスの小学校では授業で悪ふざけしている子供はなんと、他の学年のクラスに連れて行かれて立たされるそうです。

ひどい。


これは相当な精神的苦痛が伴うに違いない。


なので小学校では先生は児童たちから相当恐れられているそうです。


ちなみに他のクラスまで引率するのも児童の役目だそうです。


連れて行くほうもむっちゃ気まずいし。ある意味これも罰だよ。


なんて話がちょっとそれちゃいましたが、当然、庭でバーベキューするのも初めてです。
いっつもさむ~なんて言いながら通過していた庭だったけど、暖かい季節にはこんなに魅力的な庭だったのね。
知りませんでした。
お食事の後パパとママは日向に寝転がってお昼寝してました。
日焼けの苦手な日本人は日光浴のお誘いを丁寧にお断りをして、お家に引きこもりました。
フランス人ってばほんと日光浴好きなんですよね。
夏の日差しがきつすぎて暑くて仕方がないのに、日傘がさせなくて辛いよ~なんて思っている日本人の気持ちなんてきっと想像もつかないんだろうなぁ。

肌がブロンズなのがセレブの証らしいです(つまりはバカンスに出たという証拠になるから)
そういえば海外セレブはみんな肌がブロンズですよね。
当然肌焼きたいので、フランスにも日サロがあります。

これまた余談ですが、学生の頃透き通るほど白い肌を持った先輩が彼氏(フランス人)のお母さんに会ったときに「T'es trop pale!」 「なんて青白い顔してるの!」なんて驚かれたとか。

それくらい小麦色がよいみたいです。


日曜日は仲良し夫妻の奥さんの誕生日パーティーが一日中あるということでその誕生日パーティーに行ってきました。

一日中?

この言葉に引っかかりつつ、パーティーに行ったのですが、12h-24hという本当に一日続くびっくり誕生パーティーでした。

フランス人、すごすぎ。

ちなみに参加メンバーの平均年齢、多分50歳ぐらいです。

みんなタフだな~。

フランス人のパーティーって面白いんですよ。

まず集まったら(人が集まる時間はバラバラ)飲みながらおつまみをつまみ、最低1hくらいはこの状態でベラベラしゃべります。

さて、ベラベラしゃべったし、そろそろ席につこうかな、なんて思っているかどうかは知りませんが、あるタイミングでテーブルにつきます。
そこから本格的な食事の開始となるのですが、日本人は恐らくこの段階でお腹が相当いっぱいになっています。
なので
1.できるだけベラベラしている間は飲まない
2.おつまみもできるだけ手を出さない
っていうのが日本人が料理を楽しむポイントです。

でもあまり飲んでないと楽しんでないの??とか心配されるので、飲んでますよ、私楽しいですよ、パフォーマンスはお忘れなく。

ちなみに私はこの心得をあんまり守ってないので、いっつも食事の前にお腹一杯になっちゃいます。くすん。


この日もとっても良い天気だったので、外でバイキング形式のご飯でした。

こんな風に前菜が並んでいて、横でお肉がジュージュー焼かれています。
bourgogne13.jpg


ジュージュー焼かれていたお肉も流石フランス。
味付けがバーベキューソースでも、塩コショウでもありません。
シェフに確認はしてませんが、ローズマリー、タイムのハーブと、ゴマ、塩コショウで味付けした肉をオリーブオイルに漬け込んでマリネしてる感じでした。
実験してみて美味しかったらまた報告します(なんていいつつ報告したこと一度もないけど)

ランチが終わったのが多分16時くらいだったと思うのですが、流石一日中続く誕生日会、ここで一旦昼寝が入ります。
おのおの、デッキチェアやらハンモックやらで昼寝をしだします。
寝てない人はカードゲームをしたり、ほんとみんな自由です。

そして一息ついた18h頃にまた一杯やりだします。
きっとこれが夜の部開始の合図なのでしょう。
そのあとベラベラしゃべって、またご飯食べだして、そして食べ終わったら踊りだす、見たいな感じで一日中皆様楽しんでおられました。

いくつになっても楽しむことを忘れないその心、勉強になります。

一方でそんな大人たちの輪から外れて暇そうにしている子供たち。
そりゃそうだよね、こんなにいい天気だから湖に行きたいよね。
パパにおねだりしたものの、あっさり「ノン」って言われてました。なんだか泣けます、ホロリ。


そんな泣ける子供たちと戯れながら撮った写真の一部をご紹介。
本当にかわゆい子達です
この記事も前回同様ブロともしか見れない、っていうブロックを数日したらかける予定なので、宜しくです。

髪の毛を切った長男君
bourgogne 2010 printemps2

面白い表情の犬と戯れる次男君
bourgogne 2010 printemps4

この後変顔の写真をいっぱい撮ってゲラゲラ笑ってた末っ子ちゃん
bourgogne 2010 printemps12

可愛い2人の後ろには大人たちが飲み散らかしたワインのビンが転がってます
bourgogne 2010 printemps

街自体とってもステキなところなので、次回行った際はお勧めのお店等を紹介しますね~。(多分)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。