FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35h et RTT(reduction du temps de travail) 週35h労働とRTT

フランスで働いていて、ほんとフランスの法律は興味深いなぁ~と思うことが多々あります。

最近ほ~~~と思った法律が、この35hとRTT(reduction du temps de travail)

まず、フランスでは現在一週間の労働時間が35hと定められているんです。
確か2000年くらいから施行された法律なんですが、それまではフランスは週の労働時間が39hだったそうなんです。

この法律の目的は、要は雇用を増やすこと。

例えばそのオフィスに人が10人がいる場合、その人たちが一週間に4h労働時間をカットしたら40h分の仕事ができるでしょう?それで従業員一人増やしなよ、みたいなノリです。

それで本当に雇用が増えたかどうかはまだリサーチ不足ですが、噂ではあんまり増えなかったらしいです。
別に業績がよくなってもないのに「はい!じゃあうち1人増やします!」とか言わないかなっていう気はしますけどね、普通は。

そんなこんなで企業は労働時間を39Hから35Hに変えなければいけなくなったのですが、中には、「いやいや、急に35Hとか言われても困るんですけど~。うちは18hまで毎日働かなきゃ仕事まわんないんですよ~。人なんて雇う余裕ないですし~」という企業も当然いたわけです。

そういう企業が使っているのがRTTという制度なのですが、RTTは要は1週間35h以上働く代わりに、支給される年間5週間のバカンス+αの休みが与えられる、っていう制度だそうです。

そのRTTによってできた+αのお休みは自分で選べるか、企業ごと閉まっちゃうかは会社によって違うとかなんとか。
結局みんなが休みたい日って一緒なので、最終的に企業ごと閉まるところが多いようです。

+αも当然会社によって日数が違うそうです。


これによってフランスは生産性が落ちてEUの中で競争率が落ちたと言われているみたいですね。
別に数字見たわけじゃないですけど、話聞いただけで確かに企業にとっては大打撃かも、という気はします。
フランス政府もこりゃまずい!と思って何とかもっと働くように持っていこうとしているようですが、手に入れたこの楽さを今更手放したくないわ、なんてみんな思ってるみたいで、あまり上手くいかないようです。

この35hを取り入れた大臣が今は定年を60歳から引き上げようっていう取り組みもしているそうで、「1日辺りの労働時間削ったものの、その分働く年数増やすんかい!」って非難されているとか。

おっしゃるとおり。

そんな話聞いてたら、まさに今日の新聞に

La retraite a 60 ans sera un souvenir  「定年が60歳だということはそのうち過去の出来事になってしまうでしょう」

なんて切ないことが書いてありました。


最終的にどこの国も抱えている問題は一緒なのね、なんてしみじみ感じたお話でした。

まぁでも日本人は相変わらず死ぬほど働いているのに、とっくに定年60歳なんて過去の話になっているから、日本の方がやっぱり大変なのかしら?RTTも35hもないしねー。

以上、経済・政治オンチの私には珍しい話題でした。







スポンサーサイト

コメント

そうだね

フランスの労働に関する法律って本当に難解というか
とても難しいよねぇ。
私も昔は悩まされました。
労働力を守るって難しい問題だよね、本当に。
雇用を守るのも同じく難問。

日本もこのさきどうなるんだろうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。