FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paris au printemps  春のパリ

日本はどうやらGWのようで。

という訳で日本から前職の同期Hみちゃんとそのお友達のYかちゃんが遊びに来てくれました

ボルケーノ噴火事件で飛行機飛ぶのかドキドキものでしたが、二人の「パリ行きたい!!」という強い思いが神様に届いたのか、無事予定通りパリ入りすることができました


彼女たちを連れて、先週日曜日はパリ観光のアテンドをしました。
「美味しいものをパリで沢山食べたい~」という二人のリクエストがあったので、シャンゼリゼにあるLadureeのモーニングで観光をスタートしました。
Yこりんから「Ladureeのフレンチトーストはかなり美味しいらしいよ」
という話を聞いていたのですが、違いに納得。
どうもブリオッシュ(バターがいっぱい入ったパン)を使って作ってるみたいです。
普通フレンチトーストはフランスパン使って作るんですけど(堅くなったフランスパンを美味しく食べるために編み出されたレシピ)、フランスパンは強力粉と塩だけで作られているので、バターたっぷりのブリオッシュで作るとフワフワでジューシーなフレンチトーストができるんだなぁと一人で勝手に納得。

私も試してみよーっと。

まるで貴族の邸宅のような店内。
こんなところで朝食食べるなんて、優雅な気分になれちゃいますね。
paris en printemps5

ミニデニッシュの盛り合わせとパン。
バターがキャンディー状にくるまれているのが、流石です。
paris en printemps6

これが噂のフレンチトースト。
paris en printemps7


見た目シンプルですが、そもそものパンの美味しさで極上の味になっています

お好みでメープルシロップをどうぞ。
(出てきたメープルシロップはカナダ産で成城石井に売ってる代物だそうです 笑)

その後シャンゼリゼを歩いていると、とっても綺麗なお花がたくさん植えられていました。
paris en printemps8

春なのでそこら中に花が咲き誇っていて、とっても綺麗です。
いい季節になったなぁとつくづく実感。
フランス人の花の植え方は本当にセンスが良くて、この前パリの田園調布辺りを通ったときに、パンジーの中にチューリップが植えてあって、そのコントラストがとても綺麗でした。
街自体が花育の役目を果たしています。お見事、の一言です。


その後寄ったマドレーヌ寺院。
paris en printemps10

Dior, Chanel, Bon Point, Fauchon, Hediard, Mariage Freresなど、日本人の好みのお店がこの近くに沢山軒を連ねています。

その後モンマルトルに移動。
paris en printemps 2

この下、実はカフェになってて、テラスで沢山の人がビール飲んでました。
贅沢~。

サクレクールが見えてきました。
paris en printemps3

じゃじゃ~ん、春のサクレクール。
paris en printemps21

芝生が青々しています。ピクニックみんながしてた気持ちがわかります。

ちなみにここには怪しいミサンガ売りの人がいますのでご注意を。
勝手に腕にミサンガを巻きつけて、「15ユーロ」とか言ってきます。

私たちも遭遇したので「やばいやばい」とか言ってたら、「Don't say やばい」
って言われました。
やばいって言葉覚えるなんて、どんだけ日本人にやばいって言われてるんですか。
いい加減商法変えたほうがいいと思うよ。

お約束のノートルダムに言った後、サントシャペルに行きました。
ここのステンドグラスはかなり圧巻で、私も大好きです。
paris en printemps12
ステンドグラス一枚一枚に聖書のお話が描かれているなんて、すごいなぁ。

二人のパワーの強さか、彼女たちがパリに降り立った日からパリは夏日に。
日中の気温は26度、毎日快晴という中パリ滞在を満喫すると言う、天気の悪いパリではなかなかありえない強運に恵まれた滞在でした

ちなみに彼女たちの帰った翌日から日中気温が16度まで現象。
空はどんより曇り空に
彼女達のパリ旅行への思いがきっと天照大神を連れて来たに違いないですね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。