FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Securite Sociale 社会保険事務局

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
スポンサーサイト

J'ai eu un travail!! 仕事決まりました!!

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

Comment peut-on trouver un travail/un studio en France? フランスでの仕事/家探し

ワーホリは決まったものの、仕事ってどうやってフランスで探せばいいの?�c�O�n�[�g
不動産探しは?�c�O�n�[�g
って思われている方に、私が見ているサイトをお知らせします�s�J�`���E
その名もOVNI!
日本語でいう、「未確認飛行物体」すなわちUFOのフランス語訳です。
なんでOVNIなの?という疑問はさておき、OVNIはフランスで発行されている日本人向けの新聞です(どちらかと言うと情報誌っぽい)�X�}�C���n�[�g3
OVNI
ここに求人情報、賃貸情報、フランスの記事やら、役に立つフランス語やらが色々載っています。
賃貸は日本人向けなので、若干割高だけど、日本人好みの物件が沢山載っていたり、日本語が通じるので、フランス初心者にはお勧めかと思います。
パリでよい不動産を見つけるのはとっても大変だし、保証人を立てたりいろいろめんどくさいことがあるので、一番いいのは知り合いから近々マンションを解約する知人を紹介してもらうことらしいです。
フランス語に自信がある方は、PAPというサイトもよいかも。
PAP
このサイトは現地に住んでいる日本人の方から紹介して頂いたのですが、利点は敷金・礼金
がいらないことだそうです。
これは結構おいしいですよね。
ただ、家主によって当たり外れがあるそうなので、交渉力に自信あります!という人向きなのかも。もしくはフランス人の友人についてきてもらうとか。

マメにチェックしていると、色々いい求人が載っているので、是非チェックあれ~�è�
でも基本は居住許可書を持っているか、ワーホリのビザを持っているかに限ると思います。
もちろん、すし職人は別ですよ。しつこいですけど。

そういえばすし職人で思い出しましたが、去年の年末に友達を連れてフランスで一緒に住んでいた家族のお家に泊まりにいったんです。
彼女は料理は得意ではないといつもいっていたのですが、大のすし好きで、実は学生時代に小僧寿司でバイトをしていたらしく、すばらしい巻き寿司やら軍艦巻きやらを作って大晦日に友人宅で開かれたパーティーに持っていったわけですよ。
当然彼女は一躍スターに。
その日のゲストたちに「このお寿司が一番おいしかった���
と大絶賛受けていました。
当の本人は「え?こんなの全然対したことないのに??」
とかなり戸惑った様子。
いやいや~立派なお寿司を作れるのってかなり凄いことのなのよ~�è�
ほんとつくづく芸は身を助けると思った旅でした。
私もフランス行くまでに小僧寿司でバイトしておけばよかったなぁ


Je vais essayer. 頑張ってみます。  

ここでフランスのワーホリの手続きの話を。

ヨーロッパではEU圏以外の人が労働VISAを取るのがとっても難しいのです�c�O�n�[�g
フランスなんて失業率がとっても高い国なので、よそ者がやってきてフランス人から
仕事を奪うなんてとんでもない!という感じなのでしょう。まあそれは一理あるかも。
「フランス人と結婚しない限り、フランスで職を見つけるなんて絶対無理」
という考えが頭にあったので、フランスで単身で乗り込んで、仕事をするなんて全然
考えていませんでした。
まぁすし職人にでもなれば別ですよ。すし職人は世界中需要があります。
求人もじゃんじゃん出ています。
ほんと芸は身を助けるです。

あるときふと「ワーホリだったらVISAもらえるから働けるんじゃない?」と思い立ち、
確認してみると、まだ申請OKな年齢ということが判明!
早速申請用紙(申請用紙はフランス大使館のホームページからダウンロードできます)に
志望動機等々を書き、結果を待つことに。これで通ったら神様が私にフランスに行きなさい
と指令を出しているに違いない
(ちなみに志望動機は別にフランス語で書く必要はありません。日本語でもOKです。)

通常90日後くらいに結果がくるらしいのですが、私の場合は1ヶ月弱で連絡が来ました。
不景気だからワーホリ行く人少ないのかな?

その後必要書類をそろえてフランス大使館に行ったのですが、、、
さすがフランス大使館。
「VISAは25日か28日くらいに発給されます」
え?それって自分で窓口まで足運んでVISAが発行されているか確認しないといけないって
こと?
連絡こないの?
と?で頭の中がいっぱいに。
私はその後タイ旅行が控えていたのでパスポートを最悪9月30日までには返して貰いたかったので、その旨伝えると、大使館のお姉さんは笑顔で
「頑張ってみます」
とだけ言ってくれました。
頑張ってみます??
それってやってくれるのくれないの???
ワーホリだからそんなにざっくばらんなの????

フランス化されたお姉さんにこれ以上訴えても何も変わらなそうなので、すごすご
その日は帰ることに。
もちろん、VISA発給の問い合わせなんて受け付けてません。
頼れるものは自分の足のみです。その後再び私は大使館を訪れることに。

結局無事VISAは25日に発給されたので、頑張ってくれたのかな?
まぁこんなことでかりかりしていたらフランス生活が持たないので、
「Je ne sais pas. そんなの知らないわよ」
と言わずに、
「Je vais essayer. 頑張ってみます」
と前向きな発言、でも決して確約はしないというコメントをくれたお姉さんは親切だと思うことにしました�è�
まぁちゃんと発給されたからよしとしよう。
Merci beaucoup, Madame!













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。